電話代行格安サービスのオフィスナビ

メニュー

オフィスナビの電話代行サービスが選ばれる理由

  • 電話代行・電話秘書サービスは都内でも最安値
  • 03番号無料0円で貸与
  • 住所貸しバーチャルオフィスもあります

電話代行はいくらから利用できるのか

2016-06-20

電話代行をこれから導入しようと考えている人は、恐らく費用のことが一番気になるのではないでしょうか?
そこで、電話代行にかかる費用について説明してみましょう。

まず、電話代行の料金体系ですが、基本月額料金が決まっているのが一般的です。
基本料金3,000円で電話コール数20回までと決まっている場合は、20回までの受信が固定料金内で利用できます。
もし20コールを超えてしまったら、1コール毎に100円から150円ぐらいの料金が加算されていく仕組みです。

基本プランは大抵が3段階に分けられており、20回、40回、80回というように追加料金なしで受けられるコール数が決められています。
簡単な受信だけしてもらえればOKという場合は、安いところで月3,000円ぐらいから利用することは可能です。

ただし、安いプランはどうしてもコール数が少なく設定されていますし、複雑な対応などはついていません。
クレーム対応や受注業務といった業務内容の場合は、オプション料金がかかることもよくあります。
他にも初期登録のみ保証金がかかることもありますので、料金体系には注意しましょう。

また、利用する側の属性は特に決まりはなく、個人事業主の人でも十分に利用可能です。
むしろ個人事業主の人で電話番をわざわざ雇いたくないという人にとって、電話代行サービスはとてもメリットがあるサービスです。
自らの事業計画をしっかりと立てて、最適な電話代行プランを選んでいきたいものですね。