電話代行格安サービスのオフィスナビ

メニュー

オフィスナビの電話代行サービスが選ばれる理由

  • 電話代行・電話秘書サービスは都内でも最安値
  • 03番号無料0円で貸与
  • 住所貸しバーチャルオフィスもあります

電話代行のコール数制限に注意

2016-06-20

電話代行のサービスを利用する時に特に注意したいのが、コール数です。
電話代行サービスはコール数でプランを分けており、設定された数より多く電話を受けるとそれだけ別料金が発生します。

例えばある電話代行業者の場合、3種類の基本プランが用意されています。
それぞれコール数が30回、50回、100回と上限が決まっており、月額基本料金はコール数の上限が大きくなればそれだけ高くなります。

電話なんてそんなにかかってこないはずだし費用もかけたくない!
そんな理由から一番コール数の少ないプランに申込んだところ、思いがけず受信数をオーバーしてしまい追加料金が発生することもありますね。
コール数がオーバーすれば、1通話につきいくらというように別料金が加算されます。
コールオーバーと呼ぶこともありますが、コールオーバーの追加料金が高くついて基本料金の倍になってしまうことだってありえます。

できればこの追加料金をかけたくないですから、自社にとって適度なコール数のプランを選ばなくてはいけません。
ですから電話代行サービス導入前にも、不在時にはいったいどれくらい着信があるのかを調べておくといいでしょう。

また、電話代行業者によってはコール数無制限のコースを設けていることもあります。
無制限ならもちろん安心ではあるものの、基本料金は高くなってしまいます。
導入前には本当にこのプランを選んでメリットがあるのか、良く考えてから選ぶようにしましょう。
イメージ
電話代行のサービスを利用する時に特に注意したいのが、コール数です。
電話代行サービスはコール数でプランを分けており、設定された数より多く電話を受けるとそれだけ別料金が発生します。

例えばある電話代行業者の場合、3種類の基本プランが用意されています。
それぞれコール数が30回、50回、100回と上限が決まっており、月額基本料金はコール数の上限が大きくなればそれだけ高くなります。

電話なんてそんなにかかってこないはずだし費用もかけたくない!
そんな理由から一番コール数の少ないプランに申込んだところ、思いがけず受信数をオーバーしてしまい追加料金が発生することもありますね。
コール数がオーバーすれば、1通話につきいくらというように別料金が加算されます。
コールオーバーと呼ぶこともありますが、コールオーバーの追加料金が高くついて基本料金の倍になってしまうことだってありえます。

できればこの追加料金をかけたくないですから、自社にとって適度なコール数のプランを選ばなくてはいけません。
ですから電話代行サービス導入前にも、不在時にはいったいどれくらい着信があるのかを調べておくといいでしょう。

また、電話代行業者によってはコール数無制限のコースを設けていることもあります。
無制限ならもちろん安心ではあるものの、基本料金は高くなってしまいます。
導入前には本当にこのプランを選んでメリットがあるのか、良く考えてから選ぶようにしましょう。